体験型観光メニュー

エリアを選択
カテゴリを選択

洞爺湖有珠山ジオパーク(世界/日本)

体験を通して「変動する大地」との共生を学べるジオパーク

日本で初めて「世界ジオパークネットワーク」に加盟認定された「洞爺湖有珠山ジオパーク」。火山活動で形成された洞爺湖や有珠山をはじめとする美しい自然や、縄文文化の遺跡群など多くの見どころがあり、噴火災害遺構や散策路、ガイドツアーなどによる体験を通して「変動する大地」との共生を学べるジオパークです。

詳しくはこちら

三笠ジオパーク(日本)

さあ行こう!一億年時間旅行へ ~石炭が紡ぐ大地と人々の物語~

アンモナイトが海を泳いでいた一億年前から、炭鉱まちとして栄えた現在まで、一億年の時間旅行が気軽にできる場所、それが三笠ジオパークです。世界的にも有名なアンモナイトをはじめとする一億年前の生命の痕跡、石炭という大地の遺産の恩恵を受けながら暮らしてきた、炭鉱まち特有の文化を感じることができます。

詳しくはこちら

とかち鹿追ジオパーク(日本)

国内で唯一「凍れ(しばれ)」をテーマに掲げるジオパーク

十勝平野の北西部に位置する鹿追町全域をエリアとする「とかち鹿追ジオパーク」は、国内のジオパークで唯一「凍れ(しばれ)」をテーマに掲げています。凍れが作りだした地形や生態系、寒冷地に暮らす生活の知恵や産業、イベントなどを四季を通じて楽しむことができ、大地の恵みを美味しく体験することができるジオパークです。

詳しくはこちら

アポイ岳ジオパーク(世界/日本)

交易拠点として栄えた歴史と文化を丸ごと楽しめるジオパーク。

日高東部の様似町にある「アポイ岳ジオパーク」。地球規模のダイナミックな変動によって地下深くから現れた「かんらん岩」の山々や渓谷、特殊な土壌条件などによって育まれた固有の高山植物群落、海岸の特殊な地形が天然の良港となり古くから交易の拠点として栄えてきた歴史と文化を丸ごと学び楽しめるジオパークです。

詳しくはこちら

旧余市福原漁場(国指定重要文化財)

「マッサン」熊虎のニシン御殿のモデルとしても注目。漁で栄えた余市の歴史を体感。

ニシン漁を行っていた福原家の建物群。当時の配置のまま残っている主屋、文書庫、米味噌蔵、網蔵などから、ニシン漁最盛期の漁業経営を知ることができます。

詳しくはこちら

奥尻島津波館

地震と津波の記憶・復興への姿を知り、大切なものを学ぶ

北海道南西沖地震の記憶、復興支援への感謝を後世に伝える施設。地震発生メカニズムや災害規模、復興への姿をまとめたドキュメント映像「災害の記録」は必見。

詳しくはこちら

えさし海の駅開陽丸

幕末の軍艦が歩んだ歴史とその物語にふれる時間旅行体験

音による大砲発射体験・操船シミュレーションなど、子どもも楽しめる体験コーナーが人気。当時の船員がどのように寝ていたか体験できるハンモック体験も。

詳しくはこちら

旧函館区公会堂

歴史と坂の上に建つ、ハイカラ洋風建築の美

趣ある階段や廊下、鹿鳴館を思わせる大広間など、明治43年建造の公会堂内は、どこも絶好の撮影スポット。ドレスや燕尾服姿に変身し、当時の気分で記念の一枚を。

詳しくはこちら

函館市文学館

石川啄木の息づかい、文豪たちが感じた函館に想いを馳せる

亀井勝一郎、辻仁成ほか函館に暮らした作家たちの著書、直筆原稿などを展示。特に石川啄木の資料は充実しています。作家について学べる「文学の夕べ」も随時開催。

詳しくはこちら

札幌市アイヌ文化交流センターサッポロピリカコタン

民族衣装や民具などを手に取り、アイヌ文化を気軽に体感

復元製作された民具等の展示品約300点は、すべて触れながら鑑賞できます。敷地内には、アイヌの人々が食料や薬としていた植物が植えられ、交易や漁に使った外洋船、家屋、倉、トイレなどを復元・再現。これらも触ったり中に入ったりできます。楽器・ムックリや伝統的な刺繍の製作も体験可能(有料・要予約)。

詳しくはこちら
10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »